MMS通信 16-No.03 (新規共同研究の参加者募集)

<JEMS・MMS通信 2016.7.1配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■変異原物質の閾値に関する共同研究
——————————————————————-
MMS会員の皆様

先月のMMS定例会では若手会員23名の元気溢れる個性豊かな自己PRで,近年稀にみる盛り上がりを見せました。今回の企画によって会員同士の一層の交流が図られたことと思います。
若手の皆さん,ありがとうございました!

さて,7月に入りました。世の中は選挙やEU離脱やリオ五輪で騒々しいですが,私は来週から始まる自宅のリフォームの事で頭がいっぱいです。

■変異原物質の閾値に関する共同研究

発起人の須藤鎮世会員より「変異原物質の閾値に関する共同研究」の提案書とその参考資料を受け取りましたので,ここに添付いたします。

具体的にはin vitro小核試験を用いて変異原物質に閾値あるいはホルミシス効果があるか否かを検討しますが,まず初めに細胞増殖を指標にして,ホルミシスの現れる濃度を検討します。詳細は提案書をご覧ください。

閾値の検討に関する共同研究

この共同研究に参加を希望される会員は「参加者名,機関名,連絡先」をお知らせ下さい。締切りは7月31日です。
多くの参加をお待ちしています。

MMS研究会事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です