投稿者「堀妃佐子」のアーカイブ

MMS通信 19-No.07 (年会費納入について)

<JEMS・MMS通信2019. 6. 5配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■年会費納入について
——————————————————————-

JEMS・MMS研究会の皆様

日頃からJEMS・MMS研究会の活動にご参加・ご協力いただきありがとうございます.

MMS研究会の会費は,3,000円/年です.
定例会の際に会計幹事にお支払いいただくか,銀行振込での納入をお願いいたします.
(今年度分を既に納入いただいている方は,重ねての依頼をご容赦願います.)

銀行振込の場合は,下記口座宛てにお願いいたします.
銀行名:常陽銀行 知手支店(店番:111)
口座名:日本環境変異原学会 哺乳動物試験研究会 会計 中川 宗洋
口座番号:1409716

大変恐縮ではございますが,振込手数料は自己負担にてお願いいたします.
振込の際には,お名前の記入を忘れずにお願いいたします.
ご入金いただきましたら,会計幹事の中川までメール(nakagawa.munehiro@md.medience.co.jp)でご一報いただけますと,事務処理上,大変助かります.

定例会に参加される方は,同じ会社・機関の会員の年会費を預かってお持ちいただけますと,大変有難いです.

年会費納入状況が不明な方は,会計幹事の中川までお問合せ下さい.

MMS研究会の活発な活動のため,ご協力の程よろしくお願いいたします.

保護中: 論文リスト

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

MMS通信 19-No.04 (幹事選挙)

<JEMS・MMS通信 2019.5.8配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■MMS幹事選挙の実施
——————————————————————-
MMS会員の皆様

本年はMMS幹事の改選の年となりますので、web投票による幹事選挙を下記のスケジュールで執り行います。

5月13日 web投票開始(候補者リストから5名を選んで投票)
5月24日午後5時 投票締め切り
5月27~29日 開票・集計開始
5月29日~ 幹事就任依頼
6月14日 定例会にて結果報告、新幹事紹介

皆様には選挙システムからメール案内が届きますので、
(Step 1)パスワードの取得 に続いて、(Step 2)投票 の操作を行っていただきます。
詳細は案内メール内で説明されますので、内容をお読み取りの上、ご対応の程よろしくお願い致します。

今回は下記の2名の会員が選挙管理委員を担当して下さいます。両者は2期連続幹事をされたので被選挙権はありません。

・橋爪恒夫会員(日本たばこ産業株式会社)
・成見香瑞範会員(株式会社ヤクルト本社)

以上

MMS研究会事務局

MMS通信19-03(春の定例会参加申込書)

<JEMS・MMS通信2019. 4. 23配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■定例会プログラム案と参加申込書
——————————————————————-

MMS会員の皆様

平成として最後のMMS通信となりました。今春の定例会は、「令和」として最初の定例会です。
新たな時代にふさわしいプログラムを世話人である堀さんやサントリーの皆さんがご準備くださいました。
国内外から演者が招待されています。是非奮ってご参加ください。
会員の皆様とお会いできることを楽しみにしております。

■定例会プログラム案と参加申込書
春の定例会のプログラム案と参加申込書を添付の通りお送りいたします。
参加申し込み締め切り日は5月10日(金)です。期日までに申込書に記入の上、指定の宛先(堤会員宛)にご提出ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

<開催概要>
開催日: 2019年6月14日(金)~15日(土)
開催地: 京都府京都市
会場:  ルビノ京都堀川(https://www.rubino.gr.jp/)
最寄駅: 地下鉄烏丸線「丸太町駅」2番出口より徒歩15分
参加宿泊費: 19,000円(参加費12,000円、宿泊費7,000円)
世話人代表: 堀妃佐子会員(サントリーMONOZUKURIエキスパート株式会社)
トピックス: 招待講演(3件)、特別講演、ICH M7(R2)最新情報、共同研究進捗報告など

第74回定例会プログラム

第74回定例会 参加申込書

MMS研究会事務局

MMS通信 19-02 (春の定例会開催案内)

<JEMS・MMS通信 2019.3.14配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■春の定例会開催案内
■幹事選挙予告
——————————————————————-

MMS会員の皆様

暖かくなり、春を感じられるようになってきました。今年はとにかく花粉が多いですね。。
花粉症の皆様、つらい季節ですが乗り越えましょう。

さて、今回は春の定例会の開催案内をお送りします。正式な定例会開催案内と参加申込書はまた後日、配信いたします。
定例会で皆様とお会いできることを楽しみにしております。

■第74回春の定例会開催案内
開催日: 2019年6月14日(金)~15日(土)
開催地: 京都府京都市
会場: ルビノ京都堀川(https://www.rubino.gr.jp/)
最寄駅: 地下鉄烏丸線「丸太町駅」2番出口より徒歩15分
参加宿泊費: 18,000円(予定)
世話人代表: 堀妃佐子会員(サントリーMONOZUKURIエキスパート株式会社)
トピックス: 招待講演(3件)、特別講演、ICH M7(R2)最新情報、共同研究進捗報告など

■幹事選挙
今年は幹事の改選の年です。現在のところGW明け頃にwebによる投票を開始する予定です。準備が整いましたら改めて皆様にご連絡します。

以上

MMS研究会事務局

MMS通信 19-01 (Toxtracker国際共同研究)

<JEMS・MMS通信 2019.1.16配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■Toxtracker国際共同研究
——————————————————————-

MMS会員の皆様

新年となり最初のMMS通信をお送りいたします。
皆様、今年の年末年始はいかがでしたか?1/4をお休み取られて、ゆっくり過ごされた方もいらっしゃると思います。
平成から新たな元号に変わる節目の1年を健康に過ごしたいですね。

さて、今回は三島会長より題記案内を会員の皆様へ共有するよう仰せつかりました。
Toxtrackerの国際バリデーション共同研究へのお誘いです。
詳細は添付のPDFファイルをご確認ください。

参画に興味のある方は個別にDr. Hendriks(g.hendriks@toxys.com)にコンタクトいただければと思います。

ご不明な点等ございましたら庶務幹事宛にご連絡ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

MMS研究会事務局

MMS通信 18-No.07 (10/31定例会の資料)

<JEMS・MMS通信 2018.11.07配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■第73回MMS定例会の資料
——————————————————————-

MMS会員の皆様

先週開催されたMMS定例会及びJEMS大会に参加された会員の皆さん、お疲れさまでした。
定例会の資料は全てMMSホームページにアップロードされておりますのでご連絡いたします。
⇒掲載期限過ぎましたので削除しました。

寒くなってきました。少し早いですが、皆さま元気に良い年末年始をお過ごしください。

MMS通信 18-No.06 (10/31定例会プログラム続報)

<JEMS・MMS通信 2018.10.24配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■第73回MMS定例会プログラム続報
——————————————————————-

MMS会員の皆様

JEMS大会まで1週間となりました。参加発表される皆様のご準備はいかがでしょうか。
今回は招待演者のご厚意により、定例会の招待講演に関する事前資料をMMSホームページにアップロードしましたのでご連絡いたします。

定例会当日は会員の皆様による活発な議論を期待しております。
どうぞよろしくお願いいたします。

MMS通信 18-No.05 (10/31定例会プログラム)

<JEMS・MMS通信 2018.9.12配信>
——————————————————————
今回のお知らせ
■第73回MMS定例会プログラム
——————————————————————-

MMS会員の皆様

今週に入りようやく秋めいてきたように思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
前回の定例会以降、自然の脅威による災害が日本各地で起きてしまいました。被災された皆様におかれましては心よりお見舞い申し上げます。

第73回MMS定例会のプログラムが用意できましたので、ご連絡いたしました。

今回は共同研究報告に加えて、招待講演1件と技術紹介1件が予定されています。
いずれも皆様のご研究活動に参考となる内容であると期待しております。奮ってご参加下さい。

■第73回MMS定例会プログラム

日 時:2018年10月31日(水)17:15~19:15
会 場:京都大学 桂キャンパス 桂CクラスターC1棟 191大講義室
演者:
○招待講演
「PIG遺伝子をターゲットにした新たな遺伝子突然変異検出系の開発」
中村 純 先生(大阪府立大学)

○技術紹介
「画像解析プラットフォーム(IMACEL) におけるDeep Learningを用いたin vitro小核試験標本の自動観察技術の検証)
橋本 清弘 会員(武田薬品工業)
河合 宏紀 先生(エルピクセル)

○共同研究進捗報告
「TK6細胞を用いるin vitro遺伝毒性評価」
安井 学 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
「反復投与多臓器小核試験」
濱田 修一 会員(LSIメディエンス)
「Pig-aアッセイ」
堀端 克良 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
「変異原物質の閾値」
須藤 鎮世 会員(就実大学)

MMS研究会事務局