会則」カテゴリーアーカイブ

MMS通信 19-No.08 (会則改定について)

<JEMS・MMS通信2019. 7. 3配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■会則改定について
——————————————————————-

MMS会員の皆様

東京では梅雨で晴天の少ない日がしばらく続きそうですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
九州地方では大雨が続いているようで心配です。安全第一で、どうかお気をつけてお過ごしください。

さて、先日の定例会へご参加された皆様、お疲れさまでした。
総会にてご説明・ご承認いただきましたとおり、会則改定を行っております。
変更点は以下の通りです。

・目的部分の変更(動物細胞の追加)
・幹事メンバーの交代
・一般会員の所属変更、退会について追記

会則全文は下記リンクのPDFファイルより参照ください。

MMS研究会会則 2019年改訂

別記2

会長・幹事選挙に関するおぼえがき(1999年1月20日幹事会決定)

会長・副会長・幹事選挙にあたり,会長は選挙管理委員若干名を委嘱し,選挙の管理を担当させる.
会長,副会長,幹事の任期は2年とする.(選挙は隔年毎に行なう)副会長は会長を補佐し,次期会長となる.(2001年からは副会長選挙と幹事選挙が行われる)
幹事は原則として幹事会が推薦する一般会員から会員の投票により選任される.庶務幹事および会計幹事を除く幹事数の約半数は若手とする.庶務幹事および会計幹事は会長が委嘱する.また会長は必要に応じ会員の中より若干名の幹事を追加選任することが出来る.幹事は連続3選はできない.但し,庶務幹事および会計幹事はこの限りではない.
任期中に会長が退任する場合には,副会長が会長に就任する.任期は残任期間とする.空席の副会長の選挙については幹事会で決定する.

別記1

MMS研究会賛助会員は:
一般会員と同様に会の活動についての案内を受けることが出来る。
会員情報誌等の発行の度に広告を掲載することが出来る。
MMS研究会主催の会で、広告、宣伝活動を行なうことが出来る。