カテゴリー別アーカイブ: 定例会

MMS通信 18-No.05 (10/31定例会プログラム)

<JEMS・MMS通信 2018.9.12配信>
——————————————————————
今回のお知らせ
■第73回MMS定例会プログラム
——————————————————————-

MMS会員の皆様

今週に入りようやく秋めいてきたように思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
前回の定例会以降、自然の脅威による災害が日本各地で起きてしまいました。被災された皆様におかれましては心よりお見舞い申し上げます。

第73回MMS定例会のプログラムが用意できましたので、ご連絡いたしました。

今回は共同研究報告に加えて、招待講演1件と技術紹介1件が予定されています。
いずれも皆様のご研究活動に参考となる内容であると期待しております。奮ってご参加下さい。

■第73回MMS定例会プログラム

日 時:2018年10月31日(水)17:15~19:15
会 場:京都大学 桂キャンパス 桂CクラスターC1棟 191大講義室
演者:
○招待講演
「PIG遺伝子をターゲットにした新たな遺伝子突然変異検出系の開発」
中村 純 先生(大阪府立大学)

○技術紹介
「画像解析プラットフォーム(IMACEL) におけるDeep Learningを用いたin vitro小核試験標本の自動観察技術の検証)
橋本 清弘 会員(武田薬品工業)
河合 宏紀 先生(エルピクセル)

○共同研究進捗報告
「TK6細胞を用いるin vitro遺伝毒性評価」
安井 学 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
「反復投与多臓器小核試験」
濱田 修一 会員(LSIメディエンス)
「Pig-aアッセイ」
堀端 克良 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
「変異原物質の閾値」
須藤 鎮世 会員(就実大学)

MMS研究会事務局

MMS通信18-02(春の定例会参加申込書)

<JEMS・MMS通信2018. 5. 8配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■定例会プログラムと参加申込書
——————————————————————-

MMS会員の皆様

GWはいかがお過ごしになられたでしょうか。私は子供達の部活送迎の傍ら、大宮の盆栽祭りに行っていろいろと勉強してきました。匠の方達から直に情報収集することの有益性は、仕事にも通じるものがあるように思います。MMS研究会もまた然りですね。

■定例会プログラムと参加申込書
お待たせいたしました。
春の定例会のプログラムと参加申込書を添付の通りお送りいたします。
参加申し込み締め切り日は6月1日(金)ですので、それまでに申込書に入力の上、指定の宛先(真田会員宛)にご提出ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

<開催概要>
開催日:2018年6月11日(月)13:30~12日(火)12:00
開催地:静岡県焼津市
会場: ホテル松風閣 http://www.syofukaku.com/
最寄駅:JR静岡駅(参加申込書内のシャトルバス利用)、もしくはJR焼津駅(南口よりホテルのシャトルバス運行あり)
参加宿泊費: 19,000円
世話人代表: 真田尚和会員(科研製薬株式会社)

MMS_2018年春定例会

2018年 MMS研究会 第72回定例会 参加申込書

MMS通信 18-No.01 (春の定例会開催案内)

<JEMS・MMS通信 2018.3.16配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■春の定例会開催案内
——————————————————————-

MMS会員の皆様

暖かくなり、春を感じられるようになってきました。東京では来週にも桜の開花宣言が出されるとのニュースもあります。日本人として楽しみな季節ですね。

さて、今回は春の定例会の開催案内をお送りします。正式な定例会開催案内と参加申込書はまた後日、配信いたします。
定例会で皆様とお会いできることを楽しみにしております。

■春の定例会開催案内
開催日: 2018年6月11日(月)~12日(火)
開催地: 静岡県焼津市
会場: ホテル松風閣(http://www.syofukaku.com/index.html )
最寄駅: JR焼津駅
参加宿泊費: 19,000円(予定)
世話人代表: 真田尚和会員(科研製薬株式会社)
トピックス: 招待講演(2件)、共同研究進捗報告など

以上

MMS研究会事務局

MMS通信 17-No.06 (定例会プログラム)

<JEMS・MMS通信 2017.9.20配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■第71回MMS定例会プログラム
——————————————————————-

MMS会員の皆様

6月より幹事体制が新しくなり、初めてのMMS通信となります。
会員の皆様により良い情報をご提供できるよう尽力して参ります。
どうぞよろしくお願いいたします。

早速ですが、第71回MMS定例会のプログラムを添付の通り用意いたしました。

今回は、本間会員より新規共同研究の提案が予定されています。
またトピックスとして、濱田会員と宇野会員より、それぞれJEMSとIWGTの目玉となる話題の予備情報をご提供いただきます。
理解をより深めることのできる機会になると期待しております。
JEMS大会前日の日曜日開催となりますが、奮ってご参加下さい。

■第71回MMS定例会プログラム

日 時:2017年11月5日(日)17:30~19:00
会 場:一橋大学一橋講堂
演者:(敬称略)
○共同研究進捗報告
『Pig-aアッセイ』
堀端克良(国立衛研)

『変異原物質の閾値』
須藤鎮世(就実大学)

○新規共同研究の提案
『TK6細胞を用いるin vitro遺伝毒性評価』
本間正充(国立衛研)

○トピックス紹介
『クロモスリプシスについて概要紹介』
濱田修一(LSIメディエンス)

『7th IWGT各WGのトピック紹介』
宇野芳文(田辺三菱製薬)

○定例会終了後、森田前会長のJEMS功労賞受賞祝賀会を企画中です。
詳細は近日中にMMS通信にてお知らせいたします。

MMS研究会事務局

MMS通信 17-No.05 (定例会参加者への案内)

<JEMS・MMS通信 2017.4.25配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■定例会参加者へのご案内
——————————————————————-

MMS会員の皆様

幹事選挙にご協力いただき,ありがとうございました。
お陰様で投票は無事に終わり,現在,選挙管理委員による開票・集計などが進んでいるようです。選出された会員には幹事就任の依頼がありますので,お引き受け頂きますよう,どうぞ宜しくお願い致します。

さて,以下はMMS定例会世話人からのご案内です。参加者登録された会員には同様の案内が定例会事務局から既に配信されましたが,万一の連絡漏れに備えて全会員にお知らせします。
——————————————————————

MMS研究会定例会に参加申し込みいただいた皆様

桜の季節もいつしか過ぎ、葉桜の季節となりましたが、皆様におかれましてはお変わりございませんか。

第70回MMS定例会は合計72名の参加申し込みをいただきました。たくさんのご応募ありがとうございます。

以下、ご案内いたします。
1) 領収証はご提出いただいた申込書の、所属会社あてに発行します。それ以外の宛名で発行する必要のある方は、吉田宛て(ikuma.yoshida@takeda.com)にご連絡ください。
2) 参加申込をしたのに【受付】メールを受け取っていないという方は吉田宛てにご連絡下さい。
3) 最終的なタイムテーブルはMMS研究会ホームページに、5月17日ごろアップロード予定です。招待講演等の資料も可能な内容は、同時に掲載予定です。
4) 36歳~50歳の皆様、ナイトセッションで1-2分の自己紹介(アピール)をお願いします。そこで使用するppt資料1ページを用意し、5月10日(水)までに吉田宛てにメール添付してお送りください。以下の要領で作成いただきますようお願いします。
・氏名、所属を記載
・ファイル名称は「氏名MMS2017」(例:吉田唯真MMS2017.pptx)
・資料中には必ず『JEMS・MMSの思い出』に関する内容を盛り込んで下さい。
・フォーマットに制限はありません。

第70回定例会世話人
橋爪 恒夫

MMS通信 17-No.01 (定例会参加申込など)

<JEMS・MMS通信 2017.3.16配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■定例会プログラムと参加申込書
■会員著書の紹介
■幹事選挙予告
——————————————————————-
MMS会員の皆様
お元気でしょうか。
梅が咲き,桜の開花が待ち遠しい季節になりました。
私は4月と5月が一年で最も好きな時期なので,少しずつバイオリズムが上がって来たような気がしています。
さて,5月に春の定例会が開催されます。概要は以下の通りです。

開催日: 2017年5月19日(金)~20日(土)
開催地: 神奈川県鎌倉市
会 場: KKR鎌倉わかみや,武田薬品工業 湘南研究所
最寄駅: 江ノ電由比ヶ浜駅 徒歩2分
参加宿泊費: 22,000円
世話人代表: 橋爪恒夫会員(武田薬品工業株式会社)

■定例会プログラムと参加申込書
さっそく定例会のプログラムと参加申込書を世話人代表より受け取りました。ここに添付ファイルにて配信いたします。
第70回MMS定例会プログラム
2017年 MMS研究会 第70回定例会 参加申込書
参加申込み締切日は4月14日(金)ですので,それまでに申込書に入力の上,指定の宛先に提出下さい。皆様の参加をお待ちしています。

■会員著書の紹介
「変異原の閾値に関する共同研究」の世話人代表である須藤会員が以下の本を出版されました。この共同研究をスタートさせた動機や背景が詳しく記述されている内容なので,是非ご参照下さい。
「福島へのメッセージ 放射線を怖れないで! 」
幻冬舎ルネッサンス新書
2017/2/10出版
須藤 鎭世 (著)
800円(税抜き)
内容:
“放射線はどんなに微量でも線量に比例して害がある”と勧告されて以降、放射線への怖れが広がった。しかし、その勧告の根拠はなにか。現在より10倍も高い放射線のなかから進化してきた私たちは、放射線に十分に対処できるどころか、むしろ体内で有効利用していたのである。福島第一原発の事故による放射線の影響はどの程度なのか。3.11後に現地で放射線量測定にあたった著者が、研究で明らかになった驚くべき事実を解説。

■幹事選挙予告
今年は幹事の改選の年です。現在のところ4月10日頃にwebによる投票を開始する予定です。準備が整いましたら改めて皆様にご連絡します。

MMS研究会事務局

MMS通信 16-No.04 (定例会プログラム)

JEMSMMS通信 2016.10.25配信>

——————————————————————-
今回のお知らせ
■第69MMS定例会プログラム
——————————————————————-

 MMS会員の皆様

紅葉の季節がやって来ました。
今年の秋の気温は前半は高めでしたが後半は平年並に近づく見込み
で,紅葉の見ごろも全国的には平年並みのようです。
我が家のドウダンツツジやコキアも赤く色づき始めました。真っ赤になるのが楽しみです。

大変遅くなりましたが,次回MMS定例会のプログラムをお知らせ致します。

■第69MMS定例会プログラム

今回は今年からスタートした新しい共同研究(変異原物質の閾値)の最初の報告が予定されています。
また,戸塚先生と中島先生の特別講演もあります。是非,ご参加下さい。

日 時:20161116()18:0020:00
会 場:つくば国際会議場

○共同研究進捗報告
『反復投与肝・胃腸管小核試験』
濱田修一(LSIメディエンス)

Pig-aアッセイ』
堀端克良(国立衛研)

『変異原物質の閾値』
須藤 鎮世(就実大学)

○特別講演Ⅰ
『次世代シークエンサーの発がん研究への応用』
戸塚 ゆ加里(国立がん研究センター)

○特別講演Ⅱ
『大気中の変異原物質の挙動』
中島 大介(国立環境研究所)

MMS研究会事務局

 

 

 

MMS通信 16-No.02 (定例会案内と参加申込書)

<JEMS・MMS通信 2016.5.10配信>
——————————————————————-
今回のお知らせ
■定例会開催案内と参加申込書
■会員情報の変更届け出
——————————————————————-

MMS会員の皆様

今年のGWは風が強かったものの比較的天候に恵まれ,行楽に出掛けられた方も多かったと思います。私は地味に植物園(温室)巡りなどをしておりました。

■定例会開催案内と参加申込書
第68回定例会の開催案内と参加申込書を世話人の三島様より受け取りました。早速ここに添付ファイルにて配信いたします。

2016年 MMS研究会 第68回定例会 開催案内

2016年 MMS研究会 第68回定例会 参加申込書

参加申込み締切日は5月26日(木)ですので,それまでに申込書に入力の上,指定の宛先にご提出下さい。皆様の参加をお待ちしています。

■会員情報の変更届け出
先月より新年度になりましたが,所属やメールアドレスなどに変更はありませんでしたか?
変更のあった会員はお手数ですが庶務幹事までご連絡願います。

MMS研究会事務局

MMS通信 15-No.07(追加資料)

——————————————————————-
今回のお知らせ
■新規共同研究提案の追加資料
——————————————————————-

MMS会員の皆様

昨日は暦の上で「立冬」でした。

でも暖かい空気が南から流れ込んで来て,昨日今日と,この時期としては暖かい一日でしたね。

さて,2週間前のMMS通信にて「新規共同研究提案の資料」をお届け致しましたが,資料2枚目に記載されている文献(須藤鎮世:薬学雑誌,135(11):1197-1211,2015)が出版されました。ここにそのPDFを添付いたします。

こちらの文献により詳しい内容が記載されておりますので,新しい共同研究提案について,皆様からのご意見をお待ちしております。

以上
薬学雑誌135-1197-1211-2015