MMS通信 18-No.05 (10/31定例会プログラム)

<JEMS・MMS通信 2018.9.12配信>
——————————————————————
今回のお知らせ
■第73回MMS定例会プログラム
——————————————————————-

MMS会員の皆様

今週に入りようやく秋めいてきたように思いますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
前回の定例会以降、自然の脅威による災害が日本各地で起きてしまいました。被災された皆様におかれましては心よりお見舞い申し上げます。

第73回MMS定例会のプログラムが用意できましたので、ご連絡いたしました。

今回は共同研究報告に加えて、招待講演1件と技術紹介1件が予定されています。
いずれも皆様のご研究活動に参考となる内容であると期待しております。奮ってご参加下さい。

■第73回MMS定例会プログラム

日 時:2018年10月31日(水)17:15~19:15
会 場:京都大学 桂キャンパス 桂CクラスターC1棟 191大講義室
演者:
○招待講演
「PIG遺伝子をターゲットにした新たな遺伝子突然変異検出系の開発」
中村 純 先生(大阪府立大学)

○技術紹介
「画像解析プラットフォーム(IMACEL) におけるDeep Learningを用いたin vitro小核試験標本の自動観察技術の検証)
橋本 清弘 会員(武田薬品工業)
河合 宏紀 先生(エルピクセル)

○共同研究進捗報告
「TK6細胞を用いるin vitro遺伝毒性評価」
安井 学 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
「反復投与多臓器小核試験」
濱田 修一 会員(LSIメディエンス)
「Pig-aアッセイ」
堀端 克良 会員(国立医薬品食品衛生研究所)
「変異原物質の閾値」
須藤 鎮世 会員(就実大学)

MMS研究会事務局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です