カテゴリー別アーカイブ: 会則

日本環境変異原学会・哺乳動物試験研究会(JEMS・MMS研究会)会則

名称
日本環境変異原学会 哺乳動物試験研究会
The Japanese Environmental Mutagen Society Mammalian Mutagenicity Study Group JEMS ・MMS研究会(略称)
目的
哺乳動物を用いる各種変異原性試験について検討し,この分野の研究の発展に 努めると共にヒトへの安全性評価に寄与する.
活動
定例研究会を年2回行なう.1回はJEMS大会開催の時とし,会の形式は学会の組織委員会と協議する.
定例研究会
Originaldataの発表および討議
各種の情報交換
その他の協議事項
その他の活動
特定テーマについての共同研究
会員相互の研鑽のための研修会
会員または非会員対象の講習会・ワークッショップ
StandardProtocolの検討
Mutation Research誌の賛助団体として,投稿に便宜を図る
会員情報誌等の発行
一般会員
原則として,JEMS会員で,この研究会の目的に賛同する有志.
賛助会員
MMS研究会の活動を理解し,研究会に経済的援助を行ない得る,団体または個人
賛助会員は別記に示す特典を受けることが出来る.
運営
会長1名,副会長1名,庶務幹事1名,会計幹事1名を含む若干名(目安として 会員数の5%)の幹事をおく.
会長,副会長,幹事は一般会員の選挙によって選ぶ.選挙方法については別記会長・幹事選挙に関するおぼえがきによる.
会費
一般会員は3、000円,賛助会員は100、000円を前納することとする.但し,海外留学等により長期間不在にする場合は事前に届け出ることにより休会 することができる.
付記
本会則は昭和63年5月20日より施行する。
1992年6月11日,1992年7月17日,1993年11月27日,1995年11月22日
1997年6月20日及び1998年11月23日一部改正.
本会の事務局を日本電工(株)安全性試験センター
(大阪府茨木市下穂積1丁目1番2号) に置く.